2011年03月09日

私は露出狂ではないかと心配しているんです。


玲奈:あなたは18歳以上ですか・・・?未成年者の方は、

↓こちらから退場してくださいますように↓

http://www.google.co.jp/に宜しくお願い申しあげます。

この先の閲覧はアダルトな内容が含まれております。

その為に18未満は固く、固くお断りしております。

コンテンツの内容や使用に起因する直接的または、

あなたの間接的な損害に関して一切の責任を私が、

負いきれませんのであなたの常識判断と自己責任として、

回覧する事を心よりお願いいたします。そして注意として、

特に18未満の投稿や閲覧を固く、固く禁止しております。

あまりにも未成年の方の閲覧が著しい場合には、

残念ながらこのブログを閉鎖しなければなりません。

皆様の暖かいご支援とご理解を宜しくお願い致します。

2011年・03月09日 カウンセラー・香西玲奈




湯沢早知子・(女子高生:18歳)

玲奈さん!初めまして私は都内の女子高校に、

通っている湯沢早知子と言います。実は私、

もしかしたらば!露出狂ではないかと?・・・、

心配しているんです。あの時のおじさんとの、

エッチもそうだったけれど!人に裸を見られると、

クラクラするほど興奮してしまうんです・・・・。

おじさん!というのは、私の父が経営している、

鉄鋼場で働いている四十代なかばの中年男性です。

そのおじさんは!ロリコン趣味の人だったのです。

小学6年生の頃からおじさんが私に恋してるって、

感じていました。だっておじさんは私になんでも、

買ってくれるし!お茶をいれてあげたりすると・・・、

ウブな男の子みたいに顔を真っ赤にして喜ぶんです。

私は(このおじさん!自分の子供みたいな私に・・・、

恋してるんだわ)とそう思っていました。優しいし、

父のいないところでなら!私の言うことをなんでも、

聞いてくれるし!私もおじさんが好きでした。

でも私は恋するような気持ちではなかったんです。

ところが!父が出張で青森に出かけていたある日の、

ことです。おじさんは工場に来ていたので・・・・、

お茶を持っていってあげると(早知子ちゃん、

頼みがあるんだけど)と、こう言われたのです。

私は(なあに、おじさん)と聞きなおすと・・・、

おじさんは(早知子ちゃんの写真を撮らせて、

もらいたいんだよ)と言うので(あら!いいわよ、

そんな簡単なこと)と言うと(じゃあ!カメラを、

家に置いてあるから!おじさんの家にこれから、

来てくれるかい)と真剣な目をして言うから・・・、

私も言うことを聞いてあげたのですが!本当は、

家や工場の中なら二人きりでも平気でしたが、

おじさんの家に行くのは少し抵抗がありました。

それはおじさんが離婚して一人で住んでいると、

知っていたからです。イャなことやエッチなことは、

考えなかったんですけど!何となくおじさんの家が、

うら寂しいというか!そんな気がしたからです。

でも、結局は二人でおじさんの家に行くことになり、

部屋に入ったらビックリしちゃいました。なぜなら、

部屋中に私の写真がいっぱい貼られていたのです。

中にはポスターくらいの大きさのモノもありました。

私は(おじさんったら!これほどまでに私に恋を、

していたのかぁ〜)と思うと!何だか胸がキュンと、

しめつけられてしまいました。おじさんが(あのっ、

一生の頼みだから早知子ちゃん!君のセクシーな、

写真を撮らせてくれるかい)と土下座してまで頼むから、

私しぃ!抵抗はあったんですけどパンツ一枚の・・・、

恥ずかしい格好になっていました。まだ膨らみ始めの、

オッパイを両腕で隠してソファの上に横になったのです。

カメラを構えたおじさんは人が変わったみたいに顔を、

こわばらせていました。かすれた声で(ああっ、とても、

セクシーだ!チャーミングだ!ああ、とても良いよ)と、

いろいろなアングルからカメラを私に向けシャッターを、

切っていきました。その興奮でギラギラした目を・・・、

見ているうちに私は言うに言えない心の高ぶりを、

覚えました。小さなふたつの乳首がツンツン堅くなり、

アソコもネトッとしてくるのを意識したのです。

そんなことは初めての体験でした。なんだか・・・、

パンツの中心が湿っぽくなっている気がして、

太ももをよじり合わせると!おじさんが(早知子ちゃん、

一生のお願いだよ!かわいい、かわいい早知子ちゃんの、

マ○コちゃんの写真も撮らせてくれよ)そんな!ずごく、

エッチなことを言ったとき!やだなあという気持ちより、

そうされたいという衝動にかられたのです。私は(でもぉ、

じゃぁ!おじさんだから特別にいいわ)と言うと(それと、

早知子ちゃんのかわいい、かわいいオッパイも・・・・、

撮らせてほしい)と震える声でおじさんに言われて、

またゾクゾクっと興奮してしまいました。そして(じゃぁ、

でも!本当に一回だけよ)そう答えたとたんにおじさんは、

私からパンツを脱がしてしまったのです。私の両脚を、

拡げさせて(きれいだ、きれいだ、すごく綺麗だ、あ、

ああっ・・・)となんだかお酒を飲んで酔っているような、

声を出しました。股を大きく開かされて・・・、

食い入るようにジロジロ恥ずかしい部分を見つめられて、

私は興奮で顔が真っ赤になりました。そしてアソコから、

おつゆがいっぱい出てくるのを感じました。私のアソコは、

まだほとんど毛がはえていませんし!それを覗き込む、

おじさんのハッ、ハッという生温かい息がアソコを、

くすぐるたびに快感が背すじをはい上がりました。

それから!おしりを高く突き出したりする色々な、

ポーズで何枚も写真を撮られました。ワレメの横に、

スケベボクロというのまで描いて撮られたのです。

マジックで書かれるたびに刺激を感じて身をくねらすと、

おじさんが(もう、もうっ、ガマンできないよ)と、

しがみついてきました。なんか、かわいそうというか、

可愛いというか!胸がキュンとなりました。それで、

おじさんのボッキしたモノを太ももの間でこすられて、

痛かったけど!ちょっとだけワレメの中にも入れさせて、

あげたのです。おじさんは先っぽだけなんとかもぐり、

込ませると!すぐ抜いて射精しました。じつは・・・、

おじさんは投稿マニアで!このとき撮られた写真が、

雑誌に載ったのです。たくさんの人が私の裸を、

見てるんだと思ったとき私はソクゾクしてオシッコを、

もらしてしまいました。もしも!おじさんのことが、

両親にばれたら大騒ぎになると思います。でも・・・、

ばらしてみたい気もするのです。そして!また・・・・、

写真をいっぱい撮ってほしい!そんな私は露出狂なので、

しょうか?





玲奈のアドバイス:早知子さん今晩は!初めまして、

幼少期の早知子さんはお父さんの経営する会社の、

従業員の中年男性に写真撮影だけだとたぶらかされて、

性的イタズラやセックスを強要されてしまったそうで、

精神喪失状態に陥ってしまったのではないかと思います。

幼い頃に受けた衝撃的な出来事により様々な精神障害を、

引き起こす可能性があるようですが本来は性的な行為を、

受けていないのに被害妄想的な発言をする人も多くいます。

もしも早知子さんが言われるようなことが事実だとしたら、

本当に大騒ぎになるでしょう。私としましては、

過去の出来事の妄想に縛られていないで現実を見つめて、

ほしいし!早知子さんが一日でも早く健康を、

回復されることを心より願っております。


posted by 香西玲奈 at 17:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 女子高生体験file | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『ケダモノに支配された母娘』は処女JKがキモい叔父に処女喪失!
Excerpt: 『ケダモノに支配された母娘〜叔父に舐られ続ける私』の見どころは、キモい叔父が女子高生を犯すところ。 見るからにワルそうな雰囲気の叔父が、純情な女子高生を犯しまくり! ただ、普通の女子高生を犯そうと考え..
Weblog: 【女子高生エロ漫画の新作情報はこちら!】
Tracked: 2016-11-19 19:53